不動産売却の基礎知識

wqhsrhtrs
不動産売却をしたいと思っていても、多くの人は詳しい知識があるわけでもないでしょうし、手順や方法についてもよく分からないでしょう。
だからこそ、まずは基礎知識をしっかりと身につけて、正しく最適な方法で売るようにしましょう。

大まかな流れを把握する

不動産売却の大まかな流れですが、まずは相場や適正価格を知るために、情報収集を行う必要があります。
ネットで調べたり、周辺物件の価格を参考にしたりして、大まかな売却価格の目安を立てておきましょう。
それが終われば、次は不動産会社を探すことになります。
こちらもネットで検索をしたり、あるいは口コミなどを参考にして、信頼できる業者を選ぶことが重要となります。
そして、いくつかの不動産会社をピックアップしたのであれば、査定の依頼をお願いするといいでしょう。
最初は簡易査定を行ってもらい、どれぐらいの概算価格になるのかを把握するようにしましょう。
その後、その中でも特に信頼できそうな業者に、訪問による本格的な査定をお願いしましょう。
査定の方に納得できたのであれば、不動産会社と媒介契約を結んで仲介をしてもらうことになります。
契約方法はいくつかありますが、自分が希望する方法で売却できるよう、適した方法で契約するようにしましょう。
契約を結んだら、不動産を売りに出すことになりますが、この際はもちろん自分の希望価格を提示することになります。
その上で、不動産会社が査定した価格や、周囲の相場や物件価格なども考慮した上で、最終的な価格を決めることになります。
その後、購入希望者が見つかったのであれば、お互いの条件を提示しながら交渉することになります。
もちろん、その際には不動産会社も仲介することにはなりますが、最終的には双方の合意によって契約が成立するので、しっかりと話し合うようにしましょう。
また、物件情報は必ず正確に開示するようにして、瑕疵があれば虚偽なく伝えなければなりません。
最終的に双方が合意し売買契約を結んだのであれば、手続きを行った上で不動産を引き渡すことになります。
また、引渡し後は税金に関する申告も忘れないようにして、必要であれば税理士などに依頼をするようにしましょう。

もちろん細かい要素もしっかりと把握する

上記はあくまでも大まかな流れであり、当然ですが1つ1つの細かい要素も把握しなければなりません。
例えば、不動産会社を選ぶにしても、大手がいいのか地域密着の会社がいいのか状況によって異なりますし、相場を知るにしても築年数や立地条件などによって大きく左右されるわけです。
したがって、条件や状況によって売却までの流れもそれぞれ違ってくるでしょうから、あくまでも目安として捉えるようにしましょう。

100%の正解は存在しない

yjtdjd
正直なところ、不動産売却で100%の正解は存在しません。
そもそも、1つ1つの物件によって価値も違うわけですし、売る側と買う側の主観もある程度は介入することになるので、「この価格で売るのが正解」という答えは存在しないのです。
もしかしたら、売ってから多少の後悔をすることもあるかもしれませんし、「ああしておけばよかった」と思うこともあるかもしれません。
それでも、自分が納得した売却したいのであれば、それが自分にとっての正解ですから、少しでも理想に近づけるよう努めることが大事なのです。
仮に失敗した部分があったとしても、それがまた次の機会に活かせるかもしれないので、決して100%目指す必要はないのです。

更新情報